プロバンサイン

汗の悩み改善に役立つプロバンサイン

身体の悩みは誰もが少なからず持っているものですが、異常に汗をかく多汗症の悩みを抱えて入る人は少なくありません。

 

 

発汗量の多い夏場はもちろん、こうした体質の人は季節にかかわらず汗が出てしまいますし、手や足、ワキ、それに顔や頭などからも大量に汗が出るのは本当に困るものです。

 

 

かといって、汗を出さないために水分の摂取を控えるなどは夏場は熱中症の恐れもありますのでおすすめできることではありません。

 

 

自宅で行える方法としては制汗剤を利用する、ワキパッドを利用するなどがあげられますが、顔や頭からの汗を抑えるのは簡単なことではなく、対策で苦労されることとなります。

 

 

そういった方はプロバンサインという薬に注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

これは飲むだけで全身の汗を抑えてくれる便利な薬です。

 

 

これは製薬会社大手のファイザーが製造販売している抗コリン剤でアセチルコリンという物質の働きを抑えてくれます。

 

 

副交感神経の働きを抑制し、内臓の筋肉の痙攣を抑えてくれる働きもあるので、胃炎や胃潰瘍などの治療にも用いられている薬です。

 

 

体液の分泌を抑える働きがあるので、汗を抑える効果も期待でき、全身に作用する薬で局所的な多汗症にも全身性多汗症にもどちらにも有効となっています。

 

多汗症薬 副作用・持続時間

さらに汗を抑える効果はもちろん、夜尿症の改善にも役立っている薬です。

 

 

そして汗を抑えられることで、ワキガなどの体臭を抑える効果も期待することができます。

 

 

効果だけではなく、副作用についても知っておきたいですが、プロバンサインの副作用としては口の渇き、のどの渇きが有名です。

 

 

体温調整の汗が出なくなることで、顔面にほてりを感じやすくなるともされています。

 

 

めまいや眠気が起きる場合もありますので、運転を行うときなどは気をつけたいものです。

 

 

飲み方としては成人の場合は1回一錠を1日3〜4回服用することとなりますが、症状によって増減がありますので、医師の指導に従って正しく飲むようにしましょう。

 

 

効果の持続時間についても知っておきたいですが、持続時間は4〜5時間程度とされており、多汗症の治療として飲む場合は汗を抑えたい時間の一時間前から一時間半前程度に飲むと良いとされています。

 

 

そして、全ての方が使えるというわけではなく、緑内障のある方や前立腺肥大症などで排尿障害のある方、重い心疾患がある方の場合は飲んではいけないとされています。

 

 

健康に不安のある方は医師にそのことをきちんと伝えておきましょう。

 

プロバンサインで、汗を気にせずサラサラの肌

汗は、体温の調節に欠かせない生理現象です。

 

 

しかし、その必要な汗の量を超えて、異常に発汗してしまうという症状があります。

 

 

多汗症と呼ばれるその症状は、交感神経の失調により、体温の上昇や緊張などに関係なく、手や足、脇の下、顔、頭部、背中などに病的な汗をかいてしまうというものです。

 

 

全身性、局所性に加え、精神性の場合もあります。

 

 

季節も関係なく、1年中汗でびしょびしょになってしまうというのは、着る物にも気を使いますし、何より人の目が気になってしまうでしょう。

 

 

脇だけや手のひらだけの局所性なら、手術で治すことも可能ですが、頭部や背中などはそれも難しいのが現状です。

 

 

しかし、そんな心身ともに辛い多汗症も、内服薬で治せます。

 

 

プロバンサインというその薬は、日本でも認可されており、医療機関で処方してもらえる多汗症の治療薬としては唯一の薬です。

 

 

多汗症以外にも、夜尿症の改善にも効果的です。

 

 

多汗症は、1996年から保険適用されるようになりましたので、医師の診断を受けた上で処方してもらうのが一番いいのはもちろんですが、その医療機関により、プロバンサインの扱いがなかったり、病院に行くのは面倒だとか、恥ずかしいと思う方もいらっしゃるかも知れません。

 

 

そんな時は、個人輸入の代行サービスを行なう通販サイトなどを利用して手に入れることもできます。

 

服用の際の注意点

プロバンサインは、1錠15mgの服用で、個人差がありますが効果は約4〜5時間持続し、その間は全身の汗が止まります。

 

 

まず最初は1錠から様子をみて、効果が感じられなければ、2錠に増やしてみてください。

 

 

しかし、あまり多用するのはやめた方が良いでしょう。

 

 

空腹時の服用が、効果を最大限に発揮できます。

 

 

効果が出るまでに1時間〜1時間30分ほどかかります。

 

 

プロバンサインは、実は元々は胃腸薬で、胃粘膜の刺激を抑え、胃液の分泌を減らす作用もあります。

 

 

このような生理的な体内の分泌を抑える効果を利用し、多汗症の治療薬として用いられていますので、副作用も比較的少ないのですが、全身の汗を止めるのと同時に、唾液などの分泌も抑えられてしまうので、どうしても口が渇いてしまうようです。

 

 

多汗症で悩まれる方の中には、水分はできるだけ控えると言う方もいらっしゃいますが、プロバンサインの服用時には、こまめな水分補給を心がけてください。

 

 

また、夜尿症にも効果があるくらいですから、排尿の回数も減ってしまいます。

 

 

特に夏場は、汗を制御しすぎることで、体温調節ができなくなり、熱中症などに罹りやすくなることも考えられますので、充分な注意が必要です。

 

プロバンサインの効能について

汗かきの方は結構いらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、意味もなく汗をかくということも結構あります。

 

 

汗かきといっても夏やかなりの運動をした上でだらだらかくのはそれほど問題ないのですが、季節を問わずに全身の汗がとまらない、緊張しやすくてそれによって汗が噴出すことが問題で、これが多汗症です。

 

 

こうした症状の弊害はいくつかあって、ひとつに汗を多くかくのでそれだけ匂いがきつくなる傾向にあります。

 

 

基本的に自分の匂いは中々わからないですから、神経質な方はこの症状によって相手を不愉快にしているのではないのかと不安になって、それに悩んで二次的な精神障害を引き起こし、うつ病を誘発する危険性を内包しています。

 

 

また、いみもなく汗をかき続けることは、内臓や様々な体の器官のシグナルになっていることがあるのも注目すべき問題といえます。

 

 

それでは、多汗症の原因を見てみましょう。

 

 

先天性と、後天性があって、後天性で見てみれば、閉経や糖尿病、通風などの症状で起こることが多く、つまりは加齢を原因とする体の変化が大きな要因なわけです。

 

 

どちらにしても、原因を突き止めてこうした効した症状に有効なものを利用する必要があるといえます。

 

多汗症を抑える効果

さて、プロバンサインとは、ファイザー製薬が製造販売をしている神経系の薬で、脳の中の神経物質のひとつであるアセチルコリンを抑える働きがあります。

 

 

アセチルコリンとは副交感神経に影響するもので、この効果を抑えることによって、いくつかの効果が出ていてそのうちのひとつが発汗し難くなるというものなのです。

 

 

また、胃液の分泌を減らしたりする作用もあるので、胃粘膜の刺激を抑えることができるというのも忘れてはいけません。

 

 

プロバンサインは、飲み薬で直径6.3ミリ、厚さ3.2ミリの飲み薬で効果は全身にいきわたりますので、限定的多汗症と、全身多汗症の両方に有効ということになるのです。

 

 

そして一日1錠を3〜4回服用する必要があります。

 

 

最初は少ない量から初めて、徐々にはじめることが、体に負担をかけない上で重要でしょう。

 

 

理由は前述の副交感神経が押さえられることによって、副作用として口の渇きが多くなり、ものを食べるのが大変になることがあるからです。

 

 

また、他の薬同様に眠気が表れやすくなるケースがあるので、最初はどの程度の副作用が出るかを確認してから、徐々に一日3錠から4錠に増やしていきましょう。

 

 

この薬を正しく飲むことによって、多汗症がなくなれば、ストレスも減って好循環に変わるというのが全体的な効果といえるでしょう。